独学でも合格できますように

社会人のあなたが弁護士に転身しようと思い、そのなり方について調べたとしましょう。社会人だから法科大学院は通えないから予備試験に挑戦しようとします。予備校を利用して勉強しようと思いましたが、費用が結構必要だということが判明しました。

だったら独学で合格目指そうとしましたが…そもそも予備試験って独学でも合格可能なのでしょうか?ほとんどの方が予備校を利用していますが、自分で市販のテキスト買ってきてそれで合格できるのならそれに越したことありませんからね。

それとも、やはり予備校を路用しなければ無理なのか?
弁護士になるにはそれ相応の勉強が必要とは世の中的には言われていることですが、実際はどうなのか?、

いろいろ疑問は膨らむと思いますが、予備試験は独学でも合格できるのかという問題についてお話します。

独学で予備試験合格はほぼ無理

impossible

結論から言ってしまいますが、独学で予備試験合格は極めて困難だと思います。100%無理とは言いませんが、それに近いぐらい無理です。元司法試験受験生の立場からの意見です。

なぜそう思うのか、これから理由を述べます。

難易度は非常に高い予備試験

理由はシンプル、独学で合格できるような難易度の試験ではないということです。つまり、それほど難しい試験であるということ。

どのくらいの難易度か

どのくらい難し試験かというと、文系国家資格試験でもっとも難易度が高い試験だと思います。

以前は「(旧)司法試験」という試験一発勝負でしたが、予備試験はその旧司法試験と実施要項がかなりの部分で共通しています。

その旧司法試験は、文系国家資格試験で最難関試験と言われていました。予備試験はその旧司法試験よりも難易度は落ちると言われていますが、それでも最難関クラスであることには変わりはありません。

合格率より

「合格率」という公式データからも見てみましょうか。

こちらにあるように、予備試験の合格率、直近の3年間で3~4%程度で推移しています。つまり、100人受験して3人か4人しか合格できない。

本当の意味での合格率はもっと高いと思いますが、それでも狭き門であることには疑いはありません。厳しい試験を勝ち抜くのはなかなか大変なことです。

独学では質の高い効率的な勉強が望めない

独学して道に迷う

そんな難易度の高い試験に臨むにはそれ相応の質の高い勉強をしなければならないということは誰もがお分かりだと思いますが、独学ではそれが困難だと思います。効率的で質の高い勉強はできないと思います。

ただでさえ年単位の勉強が必要というのに、非効率的な学習しかできないのであれば、それこそどのくらいの時間が必要なのか…私には想像できません。

合格に向けてまっすぐ伸びている道を進まなければならないのに、脇道にそれたりあと戻りしちゃったり、挙句、なんか変な道作っちゃって、道を進むほど合格から遠ざかっていく。「独学あるある」だと思うのですがいかがでしょうか。

論文の学習は独学ではほぼ不可能

論文試験は難しい

独学では質の高い効率的な勉強が望めないとは、具体的にどういうことなのか。

予備試験の2次試験に論文式試験がありますが、これは予備試験の山場であり、かなりハードな試験です。私も旧司法試験受験生でしたので経験していますが、この論文試験の山は越えられませんでした。

論文対策勉強法というものはあると思いますが、それを言語化・マニュアル化するのは素人ではほぼ不可能に近いと思います。そんなもの探している時間があれば、予備校で論文対策講座を受講した方がどんなに良いか。

それでも独学で予備試験合格を目指したいという方へ

「難しいかもしれないけど、独学で予備試験合格を目指したい」という方へ、おすすめの本・参考書をご紹介しましょう。

人それぞれでしょうが、私はLECが一般販売している「C-Book」シリーズが使いやすいと思います。特に民法はこれですかね。

伊藤塾のシケタイの方が有名だと思います。どちらも以前は使っていたので中身は知っていますが、その上で「C-Book」オシです。別にシケタイでも問題はないですけどね。

別に中古でもいいと思いますが、大事なのは最新版であること。

まとめ

以上のように、繰り返しになりますが、独学での予備試験合格は達成不可能なミッションになると思います。データの示す通り、社会人は現役組に比べて合格率がかなり低いです。勉強時間等考えても、ハッキリ言ってハンデはあるでしょう。

現役組は黙っていても予備校を選択すると思いますが、ハンデがある社会人はなおさらです。大昔の司法試験ならまだしも、今は予備校がかなり充実していて独学などの選択肢はあり得ないのかなと思います。

本気で司法試験合格を目指すのなら、予備試験の勉強は独学ではなく予備校を利用するべきだと思います。

社会人におすすめの予備試験予備校

資格スクエア

資格スクエア予備試験講座トップページキャプチャ

開講5年の通信専門の新興予備校です。経営元がIT企業で技術を生かした画期的かつ効果的な学習メソッド、効率的かつ確かなカリキュラム、元大手予備校で司法試験受験講座で教鞭を執っていた講師陣による質の高い講義、それでいて大手予備校の半分程度という受講料。抜群のコスパで、社会人で通信講座をお探しの方に真っ先にご紹介したいですね。

資格スクエア予備試験講座 評価してみた

資格スクエア 公式HPでチェックする

アガルートアカデミー

アガルートトップページサムネイル

元レックの司法試験講師が独立して立ち上げた、新進気鋭のオンライン専門の法律資格予備校。オンライン専門特有のコスパに優れた点はもちろんですが、特にテキストの質は白眉ものとの評判です。他、合格率の高さやあり得ないほどの合格返金制度も気になるところです。社会人でもじっくり勉強したい方におすすめの講座。

アガルート司法試験・予備試験講座-強みを評判・口コミと共にご紹介

アガルートアカデミー 公式HPでチェックする

伊藤塾

伊藤塾予備試験トップページ

法律資格専門の大手予備校(通学・通信)。予備試験講座も、様々な学力や立場の受験生に合わせて講座を開講しています。あらゆる面で高品質な講座で、特に講師陣は塾長を始め有名講師が在籍。受講料は安くないけど、実績から見て、今最も合格者を輩出する予備試験対策講座。

伊藤塾 公式HPでチェックする

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド予備試験トップページ

業界最大手のLEC(通学・通信)。大手予備校の特徴である、しっかりした講師とテキスト、ち密なカリキュラム、多くの合格者輩出という「王道」の講座です。全国で展開しているので通学で受けたいという方にはおすすめですね。

LEC東京リーガルマインド 公式ページでチェックする