アガルート一問一答の効果的な使い方とは-受験生の評判も集めてみた

司法試験予備校を利用しているのであれば、基本的にいわゆる「司法試験予備校本」なる市販テキストは必要ないと思います。が、唯一これは持っておいた方が良いかもという予備校本があります。それはアガルートの一問一答というもの。

あくまで感覚にすぎませんが、現在において司法試験・予備試験受験生で、最も多く利用されている市販参考書だと思います。実際、累計で4万冊以上売れているようですしね。これは参考書としてはかなりの数字ですよね。

この一問一答、どんな市販参考書なのか、また、受験生たちの評判やどんな使い方が効果的なのかを解説していきたいと思いますので興味があればどうぞ。

クリックで公式HPへ↓

アガルート司法試験耳で覚える一問一答

アガルートの一問一答とは

アガルートの司法試験・予備試験総合講義一問一答

アガルートの一問一答とは、アガルートが発行している予備試験/司法試験用市販書籍のことです。用途的には参考書兼問題集といったところでしょうか。正式名称は「アガルートの司法試験・予備試験 総合講義一問一答(サンクチュアリ出版)」。現在は2版が発売されています。

科目は憲法/行政法/民法/民事訴訟法/商法/刑法/刑事訴訟法/労働法/倒産法 が発売されています。

この一問一答、もともとはアガルート司法試験講座の「予備試験1年合格カリキュラム」のマネージメントオプションで使っていた教材らしいのですが、すこぶる好評で市販してみましょうかという経緯があったそうです。

「予備試験1年合格カリキュラム」のマネージメントオプションについてはこちら参照ください。→「アガルート司法試験講座を解説-受験生に最も支持&評価されている理由とは

 

一問一答はどんな教材か

この一問一答はどういった目的の教材なのでしょうか。ひとことで言えば、復習用教材になります。具体的に言えば、インプットで得た知識を論文試験用にカスタマイズしながら復習する教材と言えます。

インプット、すなわち基礎入門講義で得た知識はあくまで知識にすぎず、それぞれの試験用にカスタマイズしてストックする必要があります。知識を論文試験仕様にカスタマイズするための教材が一問一答というわけです。

アガルート一問一答第2版の改訂点は?

アガルート一問一答は2019年に第1版が発売され2021年に第2版が発売され現在に至っています。この第2版、第1版と比較しての改訂点はどこでしょうか。

重要キーワードの暗記促進機能を高めています。各問の解答部分において、これは暗記してもらいたいという重要なキーワードを赤塗し、赤いシートを付属させています。シートをかぶせることによって、赤塗キーワードが隠れるという仕組み。よくある暗記方法ですね。下画像、黄色マーカーはされていませんが、以下の通りが改訂点になります。

アガルート一問一答か第2版改訂点

アガルート一問一答の評判は?

このアガルートの一問一答、世の評判はどうなのでしょうか。ツイッターで探してみましたがたくさん出てきました。これはほんの一部ですが、スクショしてみましたのでご覧ください。

アガルート一問一答のツイッター評判⓵

 

 

アガルート一問一答のツイッター評判②

 

アガルート一問一答のツイッター評判③

 

アガルート一問一答のツイッター評判④

 

アガルート一問一答のツイッター評判⑤

つぶやきにもありますが、実は復習方法って千差万別でそれが効果的かどうかのジャッジって難しい部分です。その点、アガルートの一問一答は、多くの受験生が評判を聞き、実際目を通し「これはいいかも」と納得できる教材と言えるのでしょう。

論文用復習を一問一答でしていくってありそうでなかったものと言えます。

弁護士も推薦するアガルート一問一答

このアガルートの一問一答、ご覧のように受験生の評判はすこぶる良いのですが、合格者から見たクオリティ―はどうなのか気になりますよね?というわけで、とある弁護士さんがこの一問一答についての感想を述べています。

 

ご覧のように絶賛されていますね。こんな使い方いいんじゃない?という指南までいただきました。

アガルート一問一答の効果的な使い方

アガルートの一問一答はどのような使い方が効果的な勉強になるのでしょうか。アガルートの一問一答は知識の暗記目的で使用するのが効果的な使い方になると思います。

この一問一答のそもそもの狙いは、論文試験の答案を書く際に必要な知識を論文仕様にまとめるというものです。ですから、インプットで入れた知識を論文試験仕様に再構築して復習・暗記するというのが理に適った使い方だと思います。

インプットの復習で利用するのが効果的な使い方

ツイッターを眺めていると、この一問一答ユーザーの受験生は、インプット後の復習に利用している場合が多いようです。アガルートのカリキュラム、というよりアガルートに限りませんが、論文試験対むしろそうするむしろそうする段階から始めるのが昨今の業界のトレンドです。

だとすれば、インプットの復習時点で論文仕様に知識をまとめるのは時期尚早ということは決してなく、むしろそうするべきであり、その教材にアガルートの一問一答はうってつけということになります。

「耳で覚える総合講義一問一答」講義でさらなる効率化

アガルートでは現在、この一問一答の解説講義動画が販売されているのはご存知でしょうか。題して「耳で覚える総合講義一問一答」。講師が一問一答の各問を読み上げ解説を付け加えるというものです。特徴として、

  • 全ての問題と解答をスピーディーに一気に読み上げ
  • メリハリをつけつつ、論文式試験をより一層意識したポイント解説

が挙げられます。目で追うだけでなく耳からも学ぶことができ、車の運転や歩きながらでも復習することができます。以下動画の一部を切り取ったものになります。

耳で覚える総合講義一問一答スクショ

現時点では全科目ではありません(民法/民事訴訟法/民事実務基礎/商法/刑法/刑事訴訟法)が、各科目揃っていますし、単価的にはそれほど高いものでもないので、一問一答をもっと効率的に使いこなしたい!という受験生にはチェックしてみてほしいです。

まとめ

アガルート一問一答についてお話させていただきました。こんな市販予備校本、おそらく既発では存在しないと思いますが、まさにありそうでなかった予備校本と言えますね。

個人的、いや、多くの専門家はあまり手広く手を出す(あれこれ教材を使う)ことをおすすめしていませんが 、このアガルート一問一答はあっていい市販予備校本だと思います。予備校カリキュラムの復習用としても一問一答形式だからどこでも使えますし、効果的な復習になり得る教材だと思います。

司法試験予備試験予備校を徹底比較!元受験生おすすめ7選【2022年版】