働きながら予備試験合格できるかな?

社会人が弁護士目指すには障壁があるのは事実だと思う

社会人で、働きながら弁護士を目指そう!って考えている方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。社会人の方なら、その想いを実現させるためにどんな障壁があるのかを、パッパッと頭に思い浮かべることでしょう。

家族がいればその理解だったり、仕事と勉強の両立だったり、勉強継続のモチベーションだったり、(学費などの)経済的な負担だったり、そもそも司法試験なんかに合格できるのかだったり・・・etc

あれこれ考えると、こんな結論に至る人も少なくないと思うのです、「社会人には無理なんじゃね?」と。普通に考えて、社会人として働いている人が、敢えてチャレンジする。そりゃ、二の足踏みます。お気持ちは本当にわかります。上記のように、障壁があるのは事実ですから。学生さんのように「ただひたすら夢に向かってチャレンジ!」というわけにはいきませんからね。クリアすべき点がいくつかあります。

予備試験ルートだといくつかの障壁はクリアできる

社会人が法曹目指そうとする場合、現実的に考えて予備試験ルートで司法試験目指すべきだと思います。現実問題、社会人が働きながら法科大学院に通うというのは、時間的にも経済的にも難しいと思います。仮に夜間であってもなかなか大変。

予備試験ルートであれば、司法試験合格を目指すにあたっての障壁のいくつかはクリアできると思います。予備校の通信講座を取って勉強すれば、働きながらでも質の高い勉強が可能ですから。「予備試験と法科大学院を比較してみた。どっちのルートが良い?」参照。

社会人の予備試験合格者は増加している!

昨今は、社会人でも司法試験合格を目指して予備試験に調整している人も増加してきました。「予備試験受験者データ-合格率は?どんな人が合格してる?」にもある通り、社会人(表中「その他」の分類になります)の受験者数が増加していて、それに伴って合格者ん増加しています。社会人受験生の中にはいろんな立場の人がいることでしょうが、このように門戸が広がっていくのは大変いいことだと思います。

実際に、社会人から司法試験合格して弁護士になった方は決して少なくないです。Jリーガーから弁護士に転身した方もいますし、女子アナから弁護士になった方もいましたよね?ヤンキーから弁護士になった人もいますし、こんな人もいます。
↓ ↓
「ピエールの司法試験合格レシピ」



もちろん、挑戦したからって必ず弁護士になれるというものではありません、私のように(笑)。だけど、挑戦しなければなれないし、社会人だからって司法試験合格は無理ってことはありません。状況が許されるのならば、弁護士目指すのも良いと思います。社会人経験者が法曹になるなんて、それはそれで強みにはなるのかなと思いますし。

繰り返しますが、社会人が弁護士目指すなんて、素晴らしい挑戦だと思います。現実問題、障壁はあるでしょう。でも、クリアできる障壁があるのは上記の通りです。どっちにしたって狭き門なんです。それでも挑戦して合格を勝ち取った社会人がいることは合格者データを見ればわかっている。無理なんてことはないです(笑)。

おすすめの予備試験講座(通学・通信)

資格スクエア 予備試験講座

資格スクエア予備試験トップページ

開講5年の通信専門の新興予備校です。経営元がIT企業で技術を生かした画期的かつ効果的な学習メソッド、効率的かつ確かなカリキュラム、元大手予備校で司法試験受験講座で教鞭を執っていた講師陣による質の高い講義、それでいて大手予備校の半分程度という受講料。抜群のコスパで、社会人で通信講座をお探しの方に真っ先にご紹介したいですね。

資格スクエア予備試験講座 評価してみた

資格スクエア 公式HPでチェックする

伊藤塾 予備試験対策講座

伊藤塾予備試験トップページ

法律資格専門の大手予備校(通学・通信)。予備試験講座も、様々な学力や立場の受験生に合わせて講座を開講しています。あらゆる面で高品質な講座で、特に講師陣は塾長を始め有名講師が在籍。受講料は安くないけど、実績から見て、今最も合格者を輩出する予備試験対策講座。

伊藤塾 公式HPでチェックする

LEC東京リーガルマインド 予備試験講座

LEC東京リーガルマインド予備試験トップページ

業界最大手のLEC(通学・通信)。大手予備校の特徴である、しっかりした講師とテキスト、ち密なカリキュラム、多くの合格者輩出という「王道」の講座です。全国で展開しているので通学で受けたいという方にはおすすめですね。

LEC東京リーガルマインド 公式ページでチェックする