弁護士になるまでの費用を計算

普段、いち社会人として生活を送っているあなたが弁護士になろうと決心しました。弁護士になるまでどのくらい費用が掛かるか考えたことあります?

なろうと思っておいそれとなれる職業ではないということはお分かりだと思いますが、一定の期間が必要な以上、どのくらい必要かはあらかじめ認識しておいた方がいいと思います。

というわけで、いち社会人が弁護士になろうと決心してから弁護士になるまでの費用を算出してみましたので参考にしていただければと思います。

司法試験受験までの費用

弁護士になるには、司法試験の合格が必須です。そのためには、まずは司法試験の受験資格を取得する必要があります。

司法試験は、受験料払えば誰でも受験できるようなものでもありません。厳格な受験資格要件が存在します。司法試験の受験資格を得る方法は法科大学院課程修了と予備試験の合格と2つありますが、それぞれ算出してみます。

法科大学院の学費

法科大学院の入学金

まずは法科大学院です。法科大学院は法学部出身で2年、それ以外の学部出身では3年の課程修了が必要です。

私立・公立ありますのでその辺の違いはありますが、公立の場合、200万円~300万円弱です。内訳は入学金は282000円、授業料年間804000円。

私立の場合は国立より安い場合もありますし高い場合もあります。入学金10万~30万円、授業料が60万円程度~150万円程度。ですので、130万円~480万円。

法科大学院の学費支援制度

いかにも高いですが、法科大学院にはいくつかの学費支援制度がありますのでご紹介しましょう。

  1. 日本学生支援機構の奨学金制度
  2. 入学金・授業料免除制度

1は独立行政法人「日本学生支援機構」による奨学金です。奨学金なので結局は返済しなければなりませんが、お金が必要な時に融資が受けられるのはありがたいことには変わりません。

もう一つは大学院別の制度です。こちらは公立私立関係なくある制度ですが、入学金もしくは授業料の分割・徴収猶予・免除が受けられます。詳しくは各大学院でご確認いただければと思います。


公立 私立
入学金 28万2千円 10万円~30万円
授業料(年間) 80万4千円 60万円~150万円

予備試験予備校の費用

黒板

もう一つのルートが予備試験です。こちらは試験ですので、受験自体は受験料だけです。予備試験の受験料は17,500円です。

予備試験は国家試験最難関クラスの試験ですので、しっかりした勉強が必要です。その勉強を力強くバックアップしていくれるのが予備試験予備校です。この予備校を利用するといいでしょう。

一般的に言って、予備試験予備校の費用は高めです。予備校にもよりますが、安いところは10万円程度、高いところだと130万円程度掛かります。

合格までの期間

カリキュラム的には1年合格コースとかありますが、勉強を開始する時期の関係もありますし「1年で合格」とかはあまり鵜呑みにしない方がいいと思います。最短でも2年~3年程度の期間は必要と思っていた方が無難です。

もちろん、2年3年勉強すれば確実に合格できるというものでもありませんが…

通信講座で社会人でも大丈夫

社会人だと通学して通うのは事実上無理fですよね。ですので、通信講座を利用するといいと思います。

通信講座はオンライン講義が主流になっていますんで、スマートフォン等の通信機器があればいつでもどこでも受講できます。それこそ、通勤時間だって昼休みだって。

勉強の時間がないよと心配される方も多いかもしれませんが、すき間時間を利用することによって、少なくとも1時間2時間は勉強時間に充てられるのです。

独学でかかる費用

「予備校なんて利用しないよ、自分の力で予備試験合格狙うよ」、つまり独学で予備試験合格を狙うという方法もあります。

こちらは、基本的に教材費の実費だけです。費用は掛け方次第なので一概には言えませんが、

  • テキスト・・・全科目で3万円台
  • 六法全書・・・2000円~3000円程度のもので十分。ただし毎年買い替え必要。
  • 問題集・過去問集・・・全科目で3万円台

独学でも初年度にはこのくらいは必要なのかなという気はします。六法は毎年ですが、テキストや問題集も必要に応じて買い替える必要はあります。

もっとも、果たして何年で合格できるのか、そもそも合格できるのか…

予備校 独学
かかる費用 10万円~130万円+受験料 初年度7~8万円程度、以降都度出費+受験料
合格までの期間 3年~5年 ?(合格できるか…)

司法試験合格まで

試験

予備試験に合格できれば次はいよいよ司法試験です。予備試験は例年11月には合格発表がありますので、翌年5月の司法試験の受験資格が得られます。

法科大学院課程修了からはすぐ、予備試験合格からは半年程度の期間しかありません。当然、司法試験合格に向けての準備はすることになると思います。

司法試験にかかる費用

まず、司法試験の受験料は28,000円です。

そして、殆んどの受験生は司法試験対策予備校を利用することになると思います。費用は、必要な知識自体は予備試験対策時にすでに取得していますので、予備試験対策ほど掛かるということはありません。決して安くはありませんが。

予備校各校様々な司法試験対策講座を用意していますが、20万円台~40万円台くらいです。「司法試験対策」とは、司法試験の過去問で対策を取るということが中心になります。

司法試験対策講座を無料で受講する方法

司法試験予備校の費用、予備試験ほどではないにしても数十万はかかります。決して気軽に出せる額ではないと思います。もっとも、やりようによっては司法試験対策講座が無料で受けられる方法があるのです。

予備校によっては、自校の講座で予備試験合格を勝ち取った受験生に、司法試験対策講座を無料で受講できる権利を与えています。つまり、数十万円を浮かすことができるのです。

当サイトでいえば、。資格スクエア、アガルートがそれにあたります。両校とも司法試験講座は20万円程度ですのでこの分浮くことになります。

資格スクエア予備試験講座 公式HPで詳細を見る

アガルート司法試験講座 公式HPで詳細を見る



受験料+対策講座代(0~40万円程度)

司法修習

司法修習生の起案書

司法試験に合格したら晴れて弁護士…というわけではありません。まだ弁護士として社会に出れるわけではないのです。

司法修習の1年間

弁護士・裁判官・検察官の法曹三者になるには、「司法研修所」という最高裁判所管轄の機関で1年間研修を積む必要があります(司法研修所)。

この研修所での研修生を司法修習生と呼びますすが、司法修習生は1年間は全国各地を転々とする可能性が高くなります。というのも、研修所は埼玉県和光市の司法研修所ですが、プログラムとして和光で2か月、残りの期間は裁判官・検察官・弁護士の実地研修です。どこの裁判所や検察庁、どこかの法律事務所での研修ということになっています。

どこに配属になるのかは分かりません。希望も出せますが、その通りになる確証もありません。その辺の覚悟はしておきましょう。

司法修習生には給料が出る

司法修習に掛かる実費は税金で賄われます。なんでしたらお給料も出ます。正しくは「給費」と呼ばれるものですが出ます。以前もあったのですが一時なくなりまして復活しました。

額は一律で月額13万5000円。これにプラス、単身住まいが必要な方は35000円を上限とした手当が支給されます。

司法修習生の出費は?

修習生時代にかかる費用というのは、結局、「生活費」ということになりそうです。既述のように給費は出ますが、月額13万5千円程度ではいささか心許ありません。

別途手当が出るので、単身者なら切り詰めてギリギリ生活できそうですが、世帯がある修習生は厳しいですよね。それでも給費が出るだけでもありがたいと思わなければなりませんが…

最高裁でお金貸してくれる制度を利用したり(司法修習生に対する修習資金の貸与制)アルバイトする手もあります。

司法試験合格者ということで予備校の添削等のバイトはできる可能性はありますが、予め生活費は用意しておくのも手だと思います。

二回試験を経て司法修習修了へ

司法研修所への入所は12月ごろ、ここから1年間ですが、1年が迫ってくる11月ごろに「二回試験」と呼ばれる試験に合格できれば修習修了、晴れて弁護士として社会に出れます。

むろん、弁護士とて一つの職業ですので就職活動が必要です。こういう事は社会人経験がある方は強いと思いますが、いずれにせよ、早めの準備は必要です。司法修習生時代から就活は始まっているわけで、何でしたら、予備試験終了後から成績によっては大手法律事務所から目を付けられることもあります。

一般的には司法修習生になってからですが、研修が始まると数か月で募集が始まるともいわれています。自分の希望を張りつつも、情報を精査して悔いのない就活をしてほしいと思います。

社会人なら予備試験から弁護士を目指そう

同僚

社会人のあなたはどのルートをたどるべきか?よほどの理由がない限り、予備試験合格から司法試験合格を目指してほしいと思います。その理由は3点、

  1. 予備試験には年齢・学歴等の受験制限がない
  2. 予備試験ルートの方が費用が掛からない
  3. 予備試験組の方が法科大学院組よりも司法試験の合格率が高い

詳細は「予備試験と法科大学院」で参照いただきたいのですが、現行制度では、社会人では予備試験から目指した方が何かと良いと思います。

仕事は続けるべきか否か

ところで、司法試験の勉強は働きながらするのか、それとも専業受験生になるべきか。どう思われるでしょうか。

特段の事情がない限り、私はできるだけ働きながら目指すべきと考えます。理由はもちろん「収入」の点からです。貯蓄がそれなりにあっても同様。何百万円程度の貯金では、すぐ無くなってしまいます。

「仕事辞めてアルバイトをする」なんて意見も見たことありますが、それなら仕事辞める必要はありません。

前述したように、今は通信講座がかなり仕事しながら勉強する人のことを考えています。それに、収入が途絶えるということは精神的に非常に悪影響を及ぼします。

だったら無理をせず、できる範囲で勉強すべきです。それが社会人が勉強を継続するコツでもあると思います。

まとめ

いかがでしょうか。弁護士になるには結構な費用が必要というのが正直な感想ではないでしょうか。

各々掛かる費用は異なるでしょうが、修習生時代の生活費除けば最低でも200万円程度、掛かれば500万円近くは必要になるかもしれません。ですので、できる限り出費は抑える、しかし、必要な分はケチらずにお金を掛けると良いと思います。

社会人におすすめの予備試験予備校

資格スクエア

資格スクエア予備試験講座トップページキャプチャ

開講5年の通信専門の新興予備校です。経営元がIT企業で技術を生かした画期的かつ効果的な学習メソッド、効率的かつ確かなカリキュラム、元大手予備校で司法試験受験講座で教鞭を執っていた講師陣による質の高い講義、それでいて大手予備校の半分程度という受講料。抜群のコスパで、社会人で通信講座をお探しの方に真っ先にご紹介したいですね。

資格スクエア予備試験講座 評価してみた

資格スクエア 公式HPでチェックする

アガルートアカデミー

アガルートトップページサムネイル

元レックの司法試験講師が独立して立ち上げた、新進気鋭のオンライン専門の法律資格予備校。オンライン専門特有のコスパに優れた点はもちろんですが、特にテキストの質は白眉ものとの評判です。他、合格率の高さやあり得ないほどの合格返金制度も気になるところです。社会人でもじっくり勉強したい方におすすめの講座。

アガルート司法試験・予備試験講座-強みを評判・口コミと共にご紹介

アガルートアカデミー 公式HPでチェックする

伊藤塾

伊藤塾予備試験トップページ

法律資格専門の大手予備校(通学・通信)。予備試験講座も、様々な学力や立場の受験生に合わせて講座を開講しています。あらゆる面で高品質な講座で、特に講師陣は塾長を始め有名講師が在籍。受講料は安くないけど、実績から見て、今最も合格者を輩出する予備試験対策講座。

伊藤塾 公式HPでチェックする

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド予備試験トップページ

業界最大手のLEC(通学・通信)。大手予備校の特徴である、しっかりした講師とテキスト、ち密なカリキュラム、多くの合格者輩出という「王道」の講座です。全国で展開しているので通学で受けたいという方にはおすすめですね。

LEC東京リーガルマインド 公式ページでチェックする